アフターピルのPMDDへの効果とマイルーラの使用法

マイルーラは膣内に入れるタイプの避妊薬ですが、正しく使用しないと精子が子宮の中に入ってしまうので、妊娠する可能性があります。マイルーラに関してはマニュアルにしたがって子宮の入り口まで挿入すると避妊率が高まりますが、ピルとコンドームを併用した方が避妊率が高いので、マイルーラを使用して避妊をする女性の割合はピルに比べると少なくなっています。PMDDは月経前に精神的に不安定になる病気で、治療のためには抗不安薬の服用が必要となりますが、場合によっては抗うつ薬を服用しなければならないので、薬を投与する期間が長くなることがあります。アフターピルは緊急避妊のための薬なのでPMDDには効果はありませんが、妊娠状態になるので、PMDDが一時的に改善する可能性があります。PMDDは極度の不安感や攻撃性が特徴で、人によっては暴力的な行為をしてしまうことがあるので、症状が出た場合にはすぐに精神科を受診する必要がありますが、生理が来てしまえば症状が収まります。PMDDは精神症状が多いのが特徴で制御が不能な持続的な怒りなどの感情が起きるので周囲の人との人間関係が悪くなるので早めに投薬治療をしなければなりません。アフターピルを服用すると副作用によって吐き気や頭痛が起きるのですが、これらの症状は急激にホルモンバランスが変化したことで起きているので、自然に治癒するとされています。緊急避妊以外でもアフターピルを服用する場合にはインターネットなどで購入できますが、血栓症のリスクが非常に高いので、医療機関を受診して処方してもらうことが大切で、自分の判断でアフターピルを服用していると妊娠状態が短期間に何度も起きるので体に対する負担が大きくなります。