アフターピルが避妊を早める構造について

アフターピルは緊急避妊にだけ使用される薬で、通常の低用量ピルとは含まれているホルモンのバランスが異なっていて、妊娠状態にするのを早める効果があります。低用量ピルは毎月21日間飲み続けることで避妊をする構造になっていますが、アフターピルは女性ホルモンを急激に増やすことで妊娠にている状態にして効き目を早める構造なので、副作用が早い段階で出ることがあります。主な症状は吐き気や頭痛などですが、これらの症状は一時的なものなので、鎮痛剤などを服用して様子を見るしかありません。アフターピルは体に負担が大きいので、緊急避妊のとき以外では処方されることはありませんが、一部の女性はインターネットで購入して避妊を早めるために使用していますが、ホルモンの含まれている量がかなり多いので、急激に女性の体のホルモンの構造が変化するので、自分の判断で服用するのは非常に危険です。アフターピルの効き目は72時間まで有効ですが、24時間以内が避妊率が95%と高く、72時間になると80%程度の避妊率になるのでなるべく早い段階で服用しなければなりません。ピルには血栓症のリスクを高めるというデメリットがありますが、年齢との相関関係は認められていません。日本では20代の女性でもピルによる血栓症になっているので、どの年齢でもピルを服用する場合には血栓症を意識して水分摂取をしたり、姿勢を変えたり、マッサージするのも重要です。また血栓症に関しては初期症状を知ることで、素早い対処ができるようになるので、医療機関などで指導を受けてから服用すると安全性が高まります。また喫煙をしているとリスクが非常に高まるので、アフターピルの処方による血栓症が起きやすくなります。