アフターピルについて正しい知識を持とう

日本は性行為が昔と比べると活発になったにもかかわらず、性に関する知識が不足している人も多く、アフターピルに関して知らないという人も目立ちます。
アフターピルというのは緊急避妊薬の事です。
通常は妊娠を望まない時にはあらかじめ妊娠しないように避妊の準備をする事が大切であり、そのためにコンドームや低用量ピルを使用するのが一般的ですが、緊急避妊薬のアフターピルの場合は性行為後に行う避妊方法です。
例えば、コンドームを使用していたにもかかわらずゴムが破けていた、無理やりレイプされた、などといった時にアフターピルを用いる事で妊娠する確率を大幅に下げる事が出来ます。
ただ、アフターピルはいつ飲んでも構わないという訳では無く、すでに受精卵が着床して妊娠した段階になると服用しても効果が無く、性行為後72時間以内に飲めば避妊できる可能性が高くなります。
72時間以内とは言われていますが、出来る限り早めに服用した方が避妊できる確率は高くなるので出来る限り急いで服用した方が良いです。
避妊が成功したかどうかは服用した後の次の生理予定日の頃に消退出血があれば避妊に成功したと言えます。
もし生理予定日から1週間程度過ぎても生理が来ないようであれば、妊娠の可能性もあるので医師に相談してみるべきです。
また、アフターピルは一般的なピルである低用量ピルよりも女性ホルモンの量が多く含まれていて、それによって否認する事が出来る代わりに副作用が低用量ピルよりも強く出やすいです。
副作用としては吐き気や頭痛がありますが、一時的な物であって直ぐに元に戻る場合が多いです。
あくまでも緊急時に用いる避妊薬であり、日頃から妊娠しないようにしたいのであればコンドームや低用量ピルを用いるようにすべきです。

アフターピルの副作用に気をつけよう

避妊に失敗したときや、不意に男性に襲われてしまったときなどに服用すると、事後的に妊娠を防いでくれるのが、アフターピルとよばれる錠剤です。
このアフターピルには女性の黄体ホルモンのはたらきをする物質が含まれていますので、服用することによって、排卵や着床が抑制され、望まない妊娠をしないでも済むようになるのです。
ただし、本来であれば身体の器官から自然に分泌されるはずのホルモンを、外から錠剤というかたちで無理に送り込むわけですから、人によってはアフターピルを服用した際に、さまざまな副作用が起こる場合があります。
副作用として多いのは、吐き気、めまい、頭痛、下腹部痛などといったものですが、基本的には一過性のものですので、症状があったとしても、あまり深刻な事態になることはないものです。
また、アフターピルを飲んだ後に何日間か経ってから、生理とおなじような出血がみられますが、これは副作用ではなく、アフターピルによる避妊が成功した証明のようなものです。
逆に、アフターピルを服用したにもかかわらず、生理がまったくおとずれないようになってしまった場合には、事後的な避妊にも失敗して妊娠してしまった可能性が高いですので、産婦人科の医師にしっかりと検査してもらう必要があります。
そのほか、アフターピルを服用することによって、血栓症になったり、肝機能障害の症状が悪化してしまったりということも考えられます。
アフターピルは通常の避妊用ピルよりも副作用は少ないほうですが、たとえばヘビースモーカーで血管が詰まる心配があったり、重い肝機能障害をわずらっているという人は、医師に相談をして、服用できるかどうか判断してもらったほうがよいでしょう。

アフターピルは保険が利かない?

アフターピルは緊急避妊法のひとつで、女性ホルモンを配合したホルモン剤を服用することで、排卵を抑制し受精を困難にする方法です。
コンドームが破れたりズレたといった避妊失敗や、性犯罪の被害に遭った女性に用いられ、望まない妊娠を回避するために利用されています。
購入するには産婦人科などで処方してもらう意外に方法はなく、避妊に失敗したからといって慌てて薬局に駆け込んでもそこには売っていないので注意が必要です。また、アフターピルには保険が適用されないので、全額自己負担となります。
一部の月経困難症に対しては保険が使えますが、ピルの種類を選べないことと、薬価が高いために費用が安価なピルと違いがありません。
また中用量ピルであれば保険がきく場合もありますが、女性の体への負担が大きいことから、月経異常などの治療に使う目的でなければ、おすすめされる方法ではないです。
アフターピルにはヤッペ法とノルレボ錠による2種類の方法がありますが、ヤッペ法は1回2錠の服用から12時間後に再び2錠を服用する方法で、体への負担が大きく副作用の出る割合が高いとされます。
しかし、費用は4,000~6,000円ほどで比較的に安くなっています。
ノルレボ錠は1回の服用だけでよく、ヤッペ法より副作用は少なく、避妊の確率がやや高めですが、費用は格段に上がり15,000円前後かかります。
どちらも性交後72時間以内に服用することが推奨されており、早いうちに服用すればそれだけ成功率も高まるとされます。
24時間以内であれば90%以上の成功率を誇ることから、費用に悩む時間があれば、早めに受診して処方してもらう方が、結果的にはいいのかもしれません。
■望まない妊娠を避ける為にも
アフターピル常備で身を守れ